TOP

生活/生徒会活動

2012年度生徒会からのメッセージ

生徒会からのメッセージ

高等部生徒会へようこそ

高等部の生徒会は、三者と呼ばれるメンバーが中心になり、各委員会や生徒全員によって成り立っています。

三者というのは、生徒会長・副会長と各委員会の委員長をまとめた呼び方で、高等部の行事の企画や運営を行ったり、生徒と先生方の間を結ぶ仲介役として活動しています。

生徒会が主催する主な行事として、新入生歓迎会、バレーボール大会、生徒会研修会、三年生送会などがあり、この他にも委員会が主催しているミュージックフェスティバルや生活懇談会、校内討論会などがあります。

また、行事だけではなく、毎週1回の評議会を開き、各HRからの要望を聞いたり、行事後のアンケートを取るなど、積極的に生徒全員の意見を取り入れることも重要な仕事の1つです。

今年度は例年以上に生徒会広報紙である「ブルーマウンテン」を発行し、今学校に求められていることやその回答、また行事の振り返りなどを行いました。
今まで生徒会を遠い存在のように思っていた人にも、これを通して学校にもっと興味を持ってくれたら嬉しいです。

さて、昨年度に引き続き、今年度も岩手県立宮古高等学校の生徒のみなさんを文化祭にお招きしました。2011年3月11日に起きた東日本大震災を間近で体験し、今もなお復興に時間がかかっていることや学校生活にも支障が出ていることなどを、同じ年代である宮古高校の方から直接聞き、もう一度その影響を深く考えさせられました。また、お互いの学校生活についても話し、両校にとって有意義な時間になったと思います。

青山学院高等部は自由だ、と言われています。
たしかに先生方から強く注意されることは少ないし、ルールも校則という形ではなく学校生活の手引き、という表現になっています。
ですが、駄目と言われていないことからなにをしてもいいというわけではなく、私たち自身が節度をもった生活をした上で自由があるということを忘れないでほしいと思います。そのかわり、なにか学校生活を送る上で疑問に思うことや、変えたいことがあったら、いつでも生徒会に声をかけてください。
私たちは、生徒全員がよりよい学校生活を送るために、努力していきます。

error: Content is protected