スタッフ紹介 私たちが責任を持って夢のあるキャンパスを作り上げます
 
日建設計 小日向 敬



この仕事は、華やかな格好良さだけでは           
なかなか成り立たないところがあります。
       

−MENU−

 

新校舎建築工事TOP
 

第Ⅱ期工事完了
PS講堂、北校舎、西校舎完成

 

設計基本コンセプト

  

Ⅰ・Ⅱ期で完成した校舎

 

現在の様子

 

工事の予定

 

スタッフ紹介

 

特別企画

 

  

日建設計の小日向 敬です。青山学院さんとは相模原キャンパスからのお付き合いで、設計の仕事を担当しています。

「設計」と一言で言いましても、建設のデザインだけをしていればいいわけではなく、

建築主の方々との打ち合わせをはじめ、役所との協議、社内での喧々諤々な議論、技術的な検証、諸々の調整や雑務など、最良のゴールを目指して誰がどんな役割でどのように進めて行くのかを常に考え、共有し、推進して行くことが必要になります。

これらはどれもとても重要な仕事で、よくテレビ番組で『○○の匠』などといった形で設計者を取り上げて、その仕事を特集したものがありますが、この仕事は、ああいった華やかな格好良さだけでは成り立たないところがたくさんあります。

しかし、その見えない部分を大切に、良いもの、使いやすいものをデザインしていきたいと思います。

これを機に、お近づき頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。









日建設計監理部 工藤 祥央



少しでも喜んでもらえるものをつくること。
            それが「監理」の仕事です。
 

青学関係者の皆さんこんにちは。

このたび新校舎をつくらせて頂く事となりました日建設計監理部の工藤祥央です。

高等部建替工事での私の仕事内容である「現場監理」とは

設計者がデザインしたものをどのようにつくるか関係者と考え、施工者につくってもらい

そのつくったものがうまく出来ているかをチェックする仕事です。

そのために青山学院・設計者・施工者と一緒に考え、校舎を使う人たちみんなが
快適に過ごせる建物をつくる為に打合せをしています。

それは昼夜を問わずお互いが納得行くまでものづくりを考えます。時には現場の事務所がある青山キャンパスの正門が施錠され出られない時は机上睡眠もあったり・・・。

そんな事を繰り返し少しでも喜んでもらえるものをつくること。それが「監理」の仕事です。

高等部の皆さん、これからも建物が出来る様子を教室から観察してください。

希望があれば今後見学会なども考えてみたいと思います。

では、完成を楽しみにしていてください。喜んでもらえるものをつくり、完成した建物で皆さんをお待ちしています。





戸田建設 猪子 博次



『生徒さんの明るく元気な姿を見て、

未来の日本を担う若者たちの校舎建築という

夢のあるプロジェクトに、一層やりがいを感じています』

このお話をいただいてから、すぐにご計画地周辺を調査いたしましたが、

まず、青山キャンパスの豊かな緑に恵まれた環境に驚かされました。

そして下校中の生徒さんの明るく元気な姿を見て、未来の日本を担う若者たちの校舎建築という

夢のあるプロジェクトの作業所長に任命されたことを非常に誇りに感じております。

私は、これまで数多くの学校の建設に携わって参りました。この経験を活かして、以下4つの重点的な方針を立てました。

1.生徒の安全を最大限配慮し施工にあたります

2.稼動中の学院の環境、近隣環境、地球環境へ配慮し施工にあたります

3.高品質な学校を建設いたします

4.工期を遵守いたします

以上の方針を工事関係者全員に周知徹底させ、

青山学院・日建設計様の熱き思いを常に肝に銘じて、必ずやご満足が戴ける校舎をお納めいたします。






Copyright (c) AOYAMA GAKUIN SENIOR HIGH SCHOOL. All rights reserved.