TOP

家庭科

HOME ECONOMICS

生活全般を実践的に学ぶ

授業内容

高校時代は青年期を経てやがてひとり立ちするための準備の期間といえます。家庭科では、人間が生きていくために欠かせない、衣・食・住の基本的な知識および技術を学ぶだけでなく、現在の家庭を取り巻く諸問題にも目を向けて、自立した生活者としての意識を高め、自分はどのような生活・人生を送りたいのかを考える機会を与えたいと思います。そして、それらの学びを通して自分の生活・人生をデザインする力を身につけることを目指します。
被服製作・調理実習では作業に係わる時間をできる限り多くとることができるよう心がけています。3年生では実習中心の選択科目として「被服基礎」「食物基礎」を設置しています。

error: Content is protected