TOP

国際交流

INTERNATIONAL EXCHANGES

多様性(diversity)の
共有を目指して

DIVERSITY

高等部の国際交流が目指すもの、それは「価値観の多様性(diversity)の共有」ということに尽きます。
これは、世界のあらゆる人々が「愛と平和」のうちにお互いを認め合い、共に生きていくというイエス・キリストの教えに根ざしたものです。
高等部は30年以上に渡り、高度な視点からその思想を実践し、国際化の時代に対応できる生徒の育成に励んでいます。

主な取り組みは以下の4点で、これらのことがらを通して、生徒たちが豊かな国際性と価値観の多様性を身につけることができるように努力しています。

その他の取り組み

OTHER ACTIVITIES

外国語会話チャットルーム

このプログラムは、青山学院大学の留学生が講師を務める、自由参加型の外国語会話セッションです。
全学の英語教育プログラムの一環として2008年4月に開設されたプログラムで、元々は留学を志す生徒、英語力を保持したい帰国生等に、レベルに応じ、「生きた英語」を使用する場を提供する目的で始まりましたが、現在は
英語だけでなく、中国語、韓国語、ドイツ語も展開しています。現在多くの高等部生が参加し、会話力や異文化理解の向上を目指しています。

■ 青山学院チャットルーム
さらに様々な国の文化交流イベントの開催など、その活動の範囲を広く開かれたものにするよう努力しています。

イングリッシュ・キャンプ

イングリッシュ・キャンプ(多文化共生キャンプ)はSGH指定プログラムのひとつで、軽井沢にある青山学院高等部追分寮で2泊3日で行われます。
これは、グローバルな問題を国境、社会文化の枠を超えて、話し合うために企画されたものです。正しい答えは無いのかも知れない。その中で何に重点を置き、考え伝え合うかが大切なのです。
キャンプ中は英語を共通の言語として用います。

error: Content is protected