Home > 教育 > 国際交流

教育

国際交流International Exchanges

多様性(diversity)の共有を目指して

青山学院 国際交流

高等部の国際交流が目指すもの、それは「価値観の多様性(diversity)の共有」ということに尽きます。
これは、世界のあらゆる人々が「愛と平和」のうちにお互いを認め合い、共に生きていくというイエス・キリストの教えに根ざしたものです。
高等部は30年以上に渡り、高度な視点からその思想を実践し、国際化の時代に対応できる生徒の育成に励んでいます。

主な取り組みは以下の4点で、これらのことがらを通して、生徒たちが豊かな国際性と価値観の多様性を身につけることができるように努力しています。

帰国生の受け入れ

本校では、1977年度より帰国生を積極的に受け入れ、入学した帰国生の生徒が、よりスムーズに学校生活に適応し、よりスムーズに学校生活に適応し、またそれぞれの経験をいかしていけるようはかっています。

短期留学プログラム

本校では、英国・ケンブリッジの名門パブリックスクールであるリーススクール、イタリア・サロンノにあるレニャーニ校の2校と姉妹校協定を結び、数名の生徒による短期交換留学を行っています。

長期留学生受け入れ

本校では、毎年数名の海外からの長期留学生を引き受けています。これらの留学生は、聴講生として在籍し、日本語講師による日本語レッスンを受けつつ、他の生徒と一緒のホームルームに所属します。

本校からの長期海外留学

長期の海外派遣留学プログラムとして、各種留学斡旋期間を通して1年間の留学をする生徒が毎年、10名程度います。

その他の取り組み

外国語会話チャットルーム

青山学院 国際交流

このプログラムは、青山学院大学の留学生が講師を務める、自由参加型の外国語会話セッションです。
全学の英語教育プログラムの一環として2008年4月に開設されたプログラムで、元々は留学を志す生徒、英語力を保持したい帰国生等に、レベルに応じ、「生きた英語」を使用する場を提供する目的で始まりましたが、現在は英語だけでなく、中国語、韓国語、ドイツ語も展開しています。現在多くの高等部生が参加し、会話力や異文化理解の向上を目指しています。

青山学院チャットルーム…さらに様々な国の文化交流イベントの開催など、その活動の範囲を広く開かれたものにするよう努力しています。

イングリッシュ・キャンプ

青山学院 国際交流

イングリッシュ・キャンプ(多文化共生キャンプ)はSGH指定プログラムのひとつで、軽井沢にある青山学院高等部追分寮で2泊3日で行われます。
これは、グローバルな問題を国境、社会文化の枠を超えて、話し合うために企画されたものです。正しい答えは無いのかも知れない。その中で何に重点を置き、考え伝え合うかが大切なのです。
キャンプ中は英語を共通の言語として用います。
2015年度インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢校の生徒さんと交流の場を持ちました。2016年度は提携校である英国リーススクールの生徒さんを呼んでのキャンプを企画しています。